TOP

風俗に行きたくて堪りません…そうなるまでの体験談を書いていきます!

ヘルスならバックからの素股が最高だと気付く

これまでの人生で何度風俗に行ったのかは分からない自分が、この前千葉の栄町のヘルスで恐らく初であろうプレイをしてきたんです。まさかまだまだ自分の知らないプレイがあるのかって言う驚きと、予想外の展開による刺激と興奮。これらのおかげでがっつりと楽しむことが出来ましたが、その「正体」は立ちバック素股です。
素股といえばやっぱり騎乗位がスタンダードですかね。風俗の定番プレイの一つだと思うんですけど、立ちバック素股。これは人生の中でも初プレイ。これはシャワールームで行われたんです。そこではまずこちらを洗ってくれるじゃないですか。その時、彼女がお尻をこちらのモノに押し当ててきたんです。なかなか素晴らしい…なんて思っていたんですけど、そこからお尻と太もも、そして手。これらを上手く使ってバック素股のような形になったんです。これがまたとっても気持ち良くて、シャワールームで早速果ててしまいました。これは病みつきになりそうな姿勢だなと。自分の中に眠っていたSっ気が目覚めましたね(笑)

その子はいい風俗嬢ではなく、いい女性だった

栄町のヘルスで出会ったYちゃんは風俗嬢としてというよりも、単純に「いいヤツ」って感じの風俗嬢。表裏がないというか、ハッキリとものを言ってくれるタイプの女の子なので風俗云々というよりも、一緒に喋っているだけでもなんだか嬉しい気持ちにさせられるような女の子だったんですよね。友達にいればすごく楽しい感じの子です。
でも彼女もプレイの時間になれば、そこはやっぱり風俗嬢としての責任感というか実力の持ち主でもあるので、男としても快感に包まれて最高の時間を味わいました。特に彼女はやはり経験豊富というか、こちらの快感をコントロールするかのようにがっつりと楽しませてもらいました。あれだけの快感はなかなか味わえるものじゃないと思いつつ、そんな彼女との時間を思い切り楽しむことが出来て自分自身の中でも彼女との時間が物凄く大きなものになりました。
もちろんお気に入りとして今後もお世話になりたいと思っていたんですけど、どうやら彼女は自分との時間が風俗嬢としてのラストだとか。小さい頃からの夢を叶えるみたいです。それを聞いて何だかとっても残念で仕方がないですが、気持ちを切り替えないといけませんね。